スピード調整の方法

スキー体験者なら説明はいらないでしょうが、インストラクター指導最初の一歩は止まり方と転び方からスタートします。上達のコツはとにかくスピードへの恐怖感を乗り越える事ですが、どうしても怖いと思ってしまう時は“転ぶか止まるかすればいいのだ”と知る事が大切になってくるわけでして、どうしても止まれないからと流れに任せて滑っていては事故に直結しますし、上手に転べないと自分もケガをします。

時々少しだけうまい友人や恋人から教わるから良いという人を見かけますが、へんな癖がついてしまうと後からの修正が難しくなりますから、やはり教わるならプロに依頼する事をおすすめします。とはいえ最初は止まる事さけ難しいという事もあるでしょうから、なるべく他の人と接触しないように広くて緩い傾斜のコースで練習しましょう。大半のインストラクターは滑る場所へ誘導して初歩から正しいフォームでのすべりをきっちりと伝授してくれます。

スノボーは大変スピードが出やすいスポーツだけに、他の人のじゃまにならないように滑るならコースはしっかり選ばなければなりません。通常出来る限り座高を低くして板と並行に体を前にそり出すと、スピードが落ちるのはスキーの場合ですが、スノボは逆にエッジを立てて背中を雪につくかつかないかまで後ろに反り返る事でスピードは落ちます。

道具をよく知る事

スノボーはスピード感とスリルを楽しむスポーツですが、競技会ではスピードではなくジャンプ・テクニックに重点をおいて審査されます。そこまでいくには止まる・減速するなどの基本をしっかり身につけて置かなければなりません。スキーのようにスティックがあるわけではなく、時には手も使いながら足下のエッジを上手にコントロールするわけですから、足腰にかなり重心がかかっている事は容易に想像できます。

さらに体の重心をどこにおくかで反り返り角度や方角が大きく違ってくる事を考えても、スノボーはまさに全身運動であると言えます。重心がボードのどの部分に多くかかるかといった事も含めて、スノボー板の特徴や機能を充分に熟知していなければなりません。まずは金具であるビンディングにしっかりとブーツを固定する事が重要で、ここが甘いと足腰に力を入りませんから、猛スピードで滑走している時に止まる事ができずに怖い思いをするばかりか、外れた拍子に転倒してしまう危険があります。自分にとってもリスクは大きいですが、近隣を滑走している人をも巻き込んで迷惑になるという、最もあって欲しくない事態を引き起こす事にもなります。

最初にインストラクターからしっかり基礎技術を学ぶ事で、他人をよけるための技術を修得できますから初心者はまず基礎コースを選択してください。

スノボーとコース選び

今回は“スノボーはコースが大事”である事についてのお話です。元々は新雪で遊ぶためのおもちゃだったのを、改良に改良を重ねてどこでも滑りやすくしたのがスノボーですから、スキーなど比較にならないほどのスピードが出ます。

記録では最高時速200km越えというのもありますから、自家用車でもそこまで出して走るのはモーターレースくらいなもので、実際はそこまでの猛スピード滑走している人もコースもありませんから、ご安心ください。とはいえ悠々と滑走しているスキーヤーをすり抜けて遠ざかっていくボーダーを、ゲレンデでしばしば見かけます。もしもあの勢いでぶつかってきたとしたら、かなりの大事故になるに違いありません。スノボーのスピードコントロールはすべて足技、すなわちエッジで調節しますから、道具を自在に使いこなさなければなりません。ここが上手に出来ないとスノボーはかっこよく横にならずに縦型のまま加速していく事になります。

馴れないと止まるどころかスピード調節さえままならずに、近くの人に衝突していく事になります。すなわちスノボーは止まりにくい、減速しにくい運動だと覚えてください。それだけにすぐ密集してしまうようなゲレンデでよりも広さを充分確保できる環境に向いているという事になります。競技をみれば一目瞭然なように、スピードよりも谷間の滑走テクニックを競うものになっていて、スポーツというよりはアクロバット運動もしくは曲芸に近い形になっています。

近い形状は上級者コースもしくは頂上に近い険しい山間に見る事ができます。さもなければ人工谷間を作るしかありません。そこまでいくには止まる・減速するなどの基本技術をしっかり身につけてからになります。