スピード調整の方法

スキー体験者なら説明はいらないでしょうが、インストラクター指導最初の一歩は止まり方と転び方からスタートします。上達のコツはとにかくスピードへの恐怖感を乗り越える事ですが、どうしても怖いと思ってしまう時は“転ぶか止まるかすればいいのだ”と知る事が大切になってくるわけでして、どうしても止まれないからと流れに任せて滑っていては事故に直結しますし、上手に転べないと自分もケガをします。

時々少しだけうまい友人や恋人から教わるから良いという人を見かけますが、へんな癖がついてしまうと後からの修正が難しくなりますから、やはり教わるならプロに依頼する事をおすすめします。とはいえ最初は止まる事さけ難しいという事もあるでしょうから、なるべく他の人と接触しないように広くて緩い傾斜のコースで練習しましょう。大半のインストラクターは滑る場所へ誘導して初歩から正しいフォームでのすべりをきっちりと伝授してくれます。

スノボーは大変スピードが出やすいスポーツだけに、他の人のじゃまにならないように滑るならコースはしっかり選ばなければなりません。通常出来る限り座高を低くして板と並行に体を前にそり出すと、スピードが落ちるのはスキーの場合ですが、スノボは逆にエッジを立てて背中を雪につくかつかないかまで後ろに反り返る事でスピードは落ちます。

Pocket