道具をよく知る事

スノボーはスピード感とスリルを楽しむスポーツですが、競技会ではスピードではなくジャンプ・テクニックに重点をおいて審査されます。そこまでいくには止まる・減速するなどの基本をしっかり身につけて置かなければなりません。スキーのようにスティックがあるわけではなく、時には手も使いながら足下のエッジを上手にコントロールするわけですから、足腰にかなり重心がかかっている事は容易に想像できます。

さらに体の重心をどこにおくかで反り返り角度や方角が大きく違ってくる事を考えても、スノボーはまさに全身運動であると言えます。重心がボードのどの部分に多くかかるかといった事も含めて、スノボー板の特徴や機能を充分に熟知していなければなりません。まずは金具であるビンディングにしっかりとブーツを固定する事が重要で、ここが甘いと足腰に力を入りませんから、猛スピードで滑走している時に止まる事ができずに怖い思いをするばかりか、外れた拍子に転倒してしまう危険があります。自分にとってもリスクは大きいですが、近隣を滑走している人をも巻き込んで迷惑になるという、最もあって欲しくない事態を引き起こす事にもなります。

最初にインストラクターからしっかり基礎技術を学ぶ事で、他人をよけるための技術を修得できますから初心者はまず基礎コースを選択してください。

Pocket